Q&Aキーワード検索:

お茶の水色・味・香り・外観について

obj_faq_q.gif 昔、家でお茶を摘み作っていました。その当時できたお茶は今のお茶のように緑あざやかではなかったと思いますが?

obj_faq_a.gif 一般に最も飲まれている煎茶の水色は、本来、緑がかった黄金色で濁りが少ないものです。決して緑色とは言えません。ただし、近年の商品開発によって生まれた深蒸し茶は製造工程中に破砕された、葉緑素を含んだ粉が茶碗の中にただよって緑色となります。この場合、見た目に濁りがあるはずです。 また、煎茶に抹茶を混合して販売されている場合もありますので、その場合も緑鮮やかな水色となります。釜炒り茶は製造工程に炒る作業が入っていますので、少し赤みがあります。ほうじ茶は煎茶や番茶などを強く炒っていますので、最も褐色が強いお茶です。

chanomikumo.gifchano-2.gif

会議所概要
公益社団法人
 静岡県茶業会議所について

会員団体
賛助会員
その他茶業関係機関・団体

広報室
広報:最新号86号〜85号
広報:84号〜80号
広報:79号〜75号
広報:74号〜70号
広報:69号〜65号
広報:64号〜60号
Q&A
お茶の種類・成分・表示について
お茶の水色・味・香り・外観について
お茶のおいしい保存・入れ方について
お茶の価格と品質について
お茶の産地・栽培・加工について
お茶の流通・販売・広告について
農薬・添加物につて
お茶の効能
お茶の言い伝え・迷信について
お茶の利用方法
お茶の用途・関連製品について
その他

お茶あれこれ
お茶の歴史
お茶の種類
静岡県の茶業
お茶のできるまで
茶文化施設の紹介

しずおかお茶館
しずおかお茶館
お茶シアター
お茶の産地めぐり
びっくり!お茶の種類館
お茶カフェ
お茶サイエンス館
お茶館別館

書籍販売
書籍販売
新着情報
新着情報一覧
行事予定
行事予定一覧
資料

資料
動画
今、お茶が欲しい!Deepなお茶の世界
「山のお茶」の魅力
茶飲み富士を利用されたい方へ
茶飲み富士を利用されたい方へ
サイトマップ
サイトマップ
個人情報保護方針
個人情報保護方針
お問い合わせ
お問い合わせメール

 

公益社団法人 静岡県茶業会議所

〒420-0005 静岡市葵区北番町81番地 TEL.054-271-5271 FAX.054-252-0331