公益社団法人静岡県茶業会議所 お茶館 お茶カフェ
公益法人静岡県茶業会議所 お茶カフェ

おいしいお茶をい入れてみよう!!
一番よく飲まれている普通煎茶のおいしいお茶入れにチャレンジ。
深蒸し煎茶や玉緑茶も同じいれ方で大丈夫。普通煎茶の次はこちらのお茶も挑戦してみよう。
熱いお湯を使う時には十分気をつけてね。

illust-1.jpg

pdf.jpg

(PDF 1229KB)

cafe-1.jpg 

illust-2.jpg

人数分の茶わんに一度湧かしたお湯を入れて、茶わんを温め、お湯を茶いれに適した温度にさまそう。
<お湯の温度目安>
○新茶など、さわやかな香り、うまみを楽しみたい時は70℃以下のぬるめのお湯がいいよ。
○強い香りや渋味が欲しい時は、少し熱めのお湯がいいよ。

 

shita-sankaku.jpg

cafe-2.jpg 

illust-3.jpg お茶っ葉を人数分入れよう。
一人分はティースプーン1杯(2〜3g)くらいが目安です。
一人分だけいれる時は、少し多めがおいしいよ。
(ティースプーン1杯半くらい)

 

shita-sankaku.jpg

cafe-3.jpg 

illust-4.jpg 茶わんでさましておいたお湯を急須にうつそう。
お茶っ葉が開くまで1分ほど待ちます。(深蒸し煎茶は30秒ほど)

 

shita-sankaku.jpg

cafe-4.jpg 

illust-5.jpg お茶の濃さがみんな同じになるように、少しずつ回しつぎをしよう。
最後の一滴までしぼりきります。

 

公益法人静岡県茶業会議所 お茶カフェ

おいしい煎茶とは、うま味・甘味・苦味・渋味・香りの成分がほどよく合わさったもの。ちょっとした工夫で、よりおいしいお茶が入れられるよ。


cafe_1.jpg

○湯加減

お茶は種類ごとにあった温度があります。玉露や高級煎茶は60℃ぐらいのお湯でゆっくりいれてみよう。玄米茶やほうじ茶は熱いお湯でさっといれるとおいしいくなるよ。 cafe_yu.jpg

○お茶っ葉の量

一人分のお茶っ葉の量も種類ごと変わります。玉露や煎茶はティースプーン1杯(3.3g)が目安。番茶やほうじ茶はティースプーン山盛り1杯(3g)くらいが目安。 cafe_ryou.jpg

○水について

水道水でお茶を入れる時は、5分ほど沸騰させてカルキのにおいを消そう。お茶の香りと味が違ってきます。 cafe_mizu.jpg

○保存方法

お茶っ葉は湿気や熱、光に弱いので、茶缶などの空気の入らない容器に入れて、冷蔵庫などの涼しくて光の当たらない場所に保存しよう。 cafe_hozon.jpg
公益法人静岡県茶業会議所 お茶カフェ

cafe_2.jpg

 

 

   冷茶の作り方
  水出し専用のティーバッグも売っているけど、普段飲んでいるお茶っ葉も水でいれることができるよ。
いつもより多めのお茶っ葉(一人分ティースプーン2杯くらい)を急須に入れて、冷たい水をしずおかに注ぎ、4〜5分待てば冷茶ができるよ。






chanomikumo.gifchano-2.gif

公益社団法人 静岡県茶業会議所

〒420-0005 静岡市葵区北番町81番地 TEL.054-271-5271 FAX.054-252-0331