令和3年4月15日「緑茶と健康シンポジウム」の開催実績報告

令和3年4月15日(木)

「緑茶と健康シンポジウム」がオンライン会議Zoomを利用し、開催されました。

開催内容の実績報告以下のとおりです。

(内容)

昨年から始まった新型コロナウイルスは、感染拡大の収束の目処が立たず私達の生活を脅かしています。 一方、緑茶は「養生の仙薬、延命の妙術」(喫茶養生記)として約800年間飲み続けられ、身体に良いとされる成分が豊富に含まれる美味しい飲み物です。また、近年の研究でインフルエンザの予防効果が明らかとなっています。
そこで、緑茶の新型コロナウイルス感染抑制に関する研究に取り組む研究者の方に、研究成果を交えながら、緑茶の飲用が新型コロナウイルス感染抑制につながる可能性について語っていただきました。

 

(1) 基調講演「緑茶のインフルエンザ予防効果に関する研究について」
講演者:静岡県公立大学法人 静岡県立大学健康支援センター長 山田 浩氏

(2) パネルディスカッション<講師>

テーマ「緑茶の新型コロナウイルスに対する効果について」

[パネリスト]

・京都府公立大学法人 京都府立医科大学 免疫学 
教授 松田 修 氏

・国立大学法人 京都大学ウイルス・再生医科学研究所感染症モデル研究センター
准教授 三浦 智行 氏

・独立行政法人国立病院機構 仙台医療センター臨床研究部ウイルスセンター
センター長 西村 秀一 氏

・静岡県公立大学法人 静岡県立大学健康支援センター
センター長 山田 浩 氏

・京都府農林水産技術センター農林センター茶業研究所
技師 北尾 悠樹 氏 

[コーディネーター]

学校法人永守学園 京都先端科学大学バイオ環境学部
教授 藤井 孝夫 氏

●開催実績報告⇒「緑茶と健康シンポジウム」実績報告

投稿者

Share:

chanomikumo.gifchano-2.gif

公益社団法人 静岡県茶業会議所

〒420-0005 静岡市葵区北番町81番地 TEL.054-271-5271 FAX.054-252-0331