Q&Aキーワード検索:

お茶の効能

obj_faq_q.gif 小学生の頃、近所の家に遊びにいくと、お茶でなく白湯がでることが多かった記憶があります。お茶は子供に対して刺激の強い飲み物でしょうか?

obj_faq_a.gif 問題になるのは、体内でカフェインが分解される所要時間が年齢によって異なることです。例えば成人を1時間とした場合、新生児は13時間以上、就学前の幼児は3時間程度かかります。しかし6歳を超えれば成人並みとなります。したがって、小学生に対して刺激が強い飲み物であることはないのです。ただし、6歳未満の子供に与えることと、カフェインの分解機能が弱い肝臓障害のある方にのみ気を付けられたほうが良いと思われます。

chanomikumo.gifchano-2.gif

公益社団法人 静岡県茶業会議所

〒420-0005 静岡市葵区北番町81番地 TEL.054-271-5271 FAX.054-252-0331