Q&Aキーワード検索:

お茶のおいしい保存・淹れ方について

obj_faq_q.gif 熱いお茶が好きです。熱いお湯でいれても、香りや色を良くすることができますか?また、お茶を入れるとき、お湯の温度を少し冷ました方がいいのはなぜ?

obj_faq_a.gif 香りについては、蒸しの浅い山間地のお茶に香りがあると思われます。都市部でよく売れている深蒸し茶は香りが少ない傾向があります。(深蒸し茶には水色が良く水質の悪さをカバーするメリットがあります。)香りについては、湯の温度とそれほど関係がないようです。 熱いお湯でお茶を入れるとタンニンの溶出が活発に行われ、渋味や苦味が強く、水色が落ちる傾向があります。高級茶をさましたお湯で入れるのは、それを防ぐためです。熱いお湯で入れる場合、香りと水色の両立については目をつぶっていただきたいところです。

chanomikumo.gifchano-2.gif

公益社団法人 静岡県茶業会議所

〒420-0005 静岡市葵区北番町81番地 TEL.054-271-5271 FAX.054-252-0331