Q&Aキーワード検索:

お茶のおいしい保存・淹れ方について

obj_faq_q.gif 一度にたくさんの人にお茶を入れる方法を教えて下さい。

obj_faq_a.gif 会議や寄り合いなど、大勢の人に同時にお茶を出さねばならない場合、大きな急須(土瓶といったほうが良いのでしょうか?)とその半分位の急須を用意します。まず小さな急須にお茶の葉を入れてお湯を注ぎ、大きな急須に注ぎ入れます。これをもう一度繰り返すと大きな急須には均質なお茶がいっぱいになります。これを茶碗に注ぐと均等な濃さ、温度のお茶が大量に素早くできあがります。 さらにポイントとしては、必ず自分で味を確かめることです。また、茶碗の「いとぞこ」と茶托は必ず拭いてからお茶を出しましょう。これは「いとぞこ」が濡れていると茶托が茶碗に付いて持ち上がって落ちてしまうことを防ぐためです。お盆でお茶をたくさん運ぶ場合は、茶碗と茶托はお盆の上で別々にしておき、お客様に出す時にセットするようにします。

chanomikumo.gifchano-2.gif

公益社団法人 静岡県茶業会議所

〒420-0005 静岡市葵区北番町81番地 TEL.054-271-5271 FAX.054-252-0331