Q&Aキーワード検索:

お茶のおいしい保存・淹れ方について

obj_faq_q.gif ポットにお茶を入れて外出するとき、時間が経過しても緑色のままで、苦みのないお茶はできないものでしょうか?

obj_faq_a.gif 水出し煎茶をおすすめします。水でお茶をいれると渋味成分のタンニンの溶出が抑えられ、渋味や苦みの少ないお茶ができます。お茶が褐変するのはタンニンの酸化化合物が生成されることに起因していますので、温度が低いことはその作用を抑え、お茶の緑色を保つことにつながります。水出し用のお茶でなくても、茶葉を多く使い、浸出時間を長くすれば水でも充分に出ます。

chanomikumo.gifchano-2.gif

公益社団法人 静岡県茶業会議所

〒420-0005 静岡市葵区北番町81番地 TEL.054-271-5271 FAX.054-252-0331