Q&Aキーワード検索:

お茶の水色・味・香り・外観について

obj_faq_q.gif 粉茶でないのに、粉がたくさん混ざっているのはなぜですか?

obj_faq_a.gif まず、お茶に粉が多いということから想像できるのは、そのお茶が深蒸し茶であることが考えられます。深蒸し茶は、見た目に粉が多いお茶です。普通の煎茶ならば「廻しふるい」によって粉は取り除かれています。
最近は「荒茶風」と銘打って販売されている場合があります。「荒茶」というのは農家が製茶工場で製造したままの半製品で、粉や茎が混じったままのお茶です。通常は、これを茶商工業者の仕上げ工場で葉の長さを揃え、茎や粉などを取り除きます
。それが店頭に並ぶわけです。「荒茶風」のお茶は何もいじっていない製造直売のお得なイメージをアピールしているようです。

chanomikumo.gifchano-2.gif

公益社団法人 静岡県茶業会議所

〒420-0005 静岡市葵区北番町81番地 TEL.054-271-5271 FAX.054-252-0331