Q&Aキーワード検索:

お茶の水色・味・香り・外観について

obj_faq_q.gif 昔、家でお茶を摘み作っていました。その当時できたお茶は今のお茶のように緑あざやかではなかったと思いますが?

obj_faq_a.gif 一般に最も飲まれている煎茶の水色は、本来、緑がかった黄金色で濁りが少ないものです。決して緑色とは言えません。ただし、近年の商品開発によって生まれた深蒸し茶は製造工程中に破砕された、葉緑素を含んだ粉が茶碗の中にただよって緑色となります。この場合、見た目に濁りがあるはずです。 また、煎茶に抹茶を混合して販売されている場合もありますので、その場合も緑鮮やかな水色となります。釜炒り茶は製造工程に炒る作業が入っていますので、少し赤みがあります。ほうじ茶は煎茶や番茶などを強く炒っていますので、最も褐色が強いお茶です。

chanomikumo.gifchano-2.gif

公益社団法人 静岡県茶業会議所

〒420-0005 静岡市葵区北番町81番地 TEL.054-271-5271 FAX.054-252-0331