Q&Aキーワード検索:

お茶の種類・成分・表示について

obj_faq_q.gif 今までは「煎茶」とか「玉露」と表示がしてありましたが、この頃は「緑茶」という表示が多くなっています。また、老母から番茶を買ってきてほしいと言われ、スーパーに行ってみると、包装の表示に「番茶」と記載されているものがないので買うことができません。お茶の表示について教えて下さい。

obj_faq_a.gif

緑茶の表示は、従来、食品衛生法、計量法などや代表的な都市消費生活条例を法的根拠として統一的な基準 あるいは行動規範として、業界の自主基準として消費者に見やすい一括表示「緑茶の表示基準」を定めてきたが、平成11年7月22日にJAS法が改正され、新たに茶が加工食品と位置づけられ、名称、原材料名、内容量、賞味期限、保存方法、原作国名、輸入者、製造者名(加工者)を明記することが義務付けられました。なお、JAS改正法に基づく一括表示の記載方法を例示すると次のとおりです。

 

平成27年4月1日から、従来の表示に係る法令を一本化した「食品表示法」が施行されました。加工食品の栄養成分表示義務化や新たな機能性表示制度の創設、製造所固有記号のルール改善等が主な変更点です。栄養成分表示では、熱量、たんぱく質、脂質、炭水化物、ナトリウム(ただし、食塩相当量として)の5成分の表示が義務化されましたが、茶葉及びその抽出液は表示を省略できます。なお、加工食品については5年間の猶予(移行)期間が設けられています


■緑茶の一括表示の一例

  表示項目 具体的例 記載上の要領
名  称 煎茶 煎茶/番茶/玉露/ほうじ茶等社会通念上一般化している茶の「小分類名」を記載する。 せん茶以外のものを入れた茶については、「○○入りせん茶」と記入する。
原材料名 緑茶、玄米 「茶」又は「緑茶」とし「名称」と重複不可。添加物表示の原則は「物質名」で。無使用の場合、本欄省略不可のため「茶」のみとなる。
内容量 200g 正しく計量し、内容量を記載する。
賞味期限 ○年○月○日
(3ヶ月未満の場合)
○年○月
(3ヶ月を越えた場合)
美味しく食味できる期限
(包材により判断)
保存方法 高温多湿を避け、移り香にご注意下さい。 「欄外表示」等記載場所を指定して、枠外に記載できる。
(欄外表示は④共通)
原産国
(原産地)
日本、中国、台湾 日本産だけの場合は、本欄を削除して差し支えない。輸入品が有る場合は原産国全てを記入。
販売者 (株)△△茶店
○○県○○市
○○○
表示内容に責任を持つ事業者の氏名又は名称(下記の製造者等の表示を兼ねる場合、屋号等のみは不可)と住所を記載。販売者、製造者、加工者、輸入者のいずれかの項目名を付ける。

製造所又は加工所

静岡市北番町81番地
(株)日本茶業商会UTC
表示内容に責任を持つ事業者と食品を製造した事業者が異なる場合に、製造者又は加工者の氏名又は名称(屋号等のみは不可)と製造所又は加工所(最終的に衛生状態を変化させた場所)の所在地を記載。

製造所固有記号は原則として同一製品を二以上の製造所で製造する場合に使用が可能


chanomikumo.gifchano-2.gif

公益社団法人 静岡県茶業会議所

〒420-0005 静岡市葵区北番町81番地 TEL.054-271-5271 FAX.054-252-0331